シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

世界は言葉でできている

言葉というのは、ものごとや現象をひとつに統合して、


概念を表現する、便利なツールです。


ひとつの単語からでも、無数に世界観が広がっていきます。


言葉を発明したから、


共通のものを人はみれるようになったり、時空を越えて情報を伝達していけています。


そして同時に、言葉によって社会構造が規定されて、


人を縛る側面もあります。


だからこそ、言葉について真剣に考えて使っていって、


言葉の束縛から抜け出た上で、言葉を賢く使い倒す。


言葉ひとつで、人は変わります。


そのために、日々情報を入れて出し、思考を回転させ続けることが、生きることであり、進化していくことです。


「人生は一度きり、時間は有限」


その言葉の意味を今一度考えてみて、成すことをやり遂げ続ける、そんな能力が人間には眠っているということを、無意識に感じながら、反復していってみましょう。


「やる」と決める。

そして、「やる」。

そして、また、「やる」と決める。

そして、「やる」。


応援して、感謝して、より望む方向をみて、進む。


進んでいるということを自覚し、いつか来る終わりを覚悟して、今を目一杯に、ただ生きる。


生きていてくれるだけで、とんでもない価値です。


どんなときでも、観ていてくれる人はいます。


覚えておいてください。


ありがとうございました。