読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

やりたいことなんてないことにいい加減気づこう

自己啓発の本やセミナーなどでは、


やりたいことをやりましょう、やりたくないことはしなくていいんですという、


いかにも甘〜い囁き声が聞こえてきます。


もしかすると悪魔の誘惑かもしれません。


人を堕落させたいし、堕落したいという本能を誰しも持ち合わせている。


そんな自分も認めてあげましょう、と来るのが、ひとつのシステムとしてはあるが、


それはそれで結構。


しかし、それは言葉の表面だけをなぞったものであり、


そんな楽園みたいな世界ではないよ。


理不尽で残酷で、思い通りになんてならない世界だよ。


その中で、選べる選択肢は、そのときどきで限られている、数も時間も。


そして、これまで選んできた結果が、なんだかんだの自己ベスト。


これから更新しますか?しませんか?


と問いかけるだけ。


やりたいことなんて、結局は何かの受け売り、刷り込みの価値観である可能性が大いにあります。


そこでいちいち、みずからの感情に酔いながら、快・不快に反応して行動を支配されてしまうのは、いささかもったいない。


感情を消して(心配ない、失うことはない)、粛々とやることをやるのみである。


見習い、修行の期間は誰しも通る道であるから、一生懸命やる、


そうするとちょっと上手くなる、


そうするとちょっと楽しくなる、


そうするとちょっと好きになる、


また上手くなり楽しくなり好きになる。


そんな循環が巡ることで、自分の一部になってくる。


そうしたことを反復してきて、赤ん坊だって歩けるようになり言葉を覚えていくようになり、


そこに前もっての打算なんてない。


ただ、懸命に周りに追いつこう追いつこうと、ひたすら取り組んだだけである。


だからこそ、人の成長や懸命な姿に心を打たれると思うし、


誰しもそれくらいの能力は持っていて、それを冬眠させてしまっているんだなーと、最近は思います。


洗脳によって、思考停止に陥らせて、仕掛ける側が有利になる情報を入れてくる。


そういった枠組みを俯瞰してみて、騙され続ける側からは、ほんの少しずつでもシフトしていくという願い。


リラックスして楽しんでいきましょう。