シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

期待値をゼロまで下げてみるとわかってくること

人にあーだこーだしてほしい、こうなったらいいなと、


他人の評価や外側のものごとに囚われているよりも、


自分のことをよく見たらどうでしょう?


そして、過度な期待をしていて、


それに合致しないとイライラしたり、パニック気味になったりしたら、


周りにも雰囲気は伝わります。


迷惑とも言えます。


初めから期待しない、それは自分自身に対してという意味です。


期待を重荷にしてませんか?


もっと捨てて、泥にまみれながら、


相手を徹底的に満たす。


そして、相手が溢れるほど満たされてくるから、その溢れた分を、自分も観測することができます。


自分にとっても同じ。


自分の期待値を下げておくことで、


すぐに満ちます。


満ちたら、周りに広げます。


広げることで、もっと巡ります。


お金と同じ。


使って上手く回せる人のところに、


お金も情報も集まってくる。


上手く扱えるというのは、視点が高いということ。


視点が高ければ、危なそうなところ、本当に必要としているところというのが見えてきます。


それは地球規模でみれば飢餓状態の地域への食糧供給でもあり、またあるときは災害復興であったり、


当たり前の平和が脅かされるという部分が、世界を見渡せばいくらでもあります。


では、現代日本はどうでしょうか?


自殺者は年間数万人にものぼり、何かが狂っているようにも感じます。


そして、それが異常だと気づかないことが多いとも感じます。


そんなに金儲けをしたいのか、

そんなに自分がいい思いをしたいのか、

そんなに人を支配したいのか、


根本にある欲望・煩悩を否定するわけではありませんが、行きすぎた自我の拡大と固定化は、


反動として周りに表れてきます。


それは、あなただけではなく、あなたの周りの人にとって、好ましくないことにもなります。


ここで注意してほしいのは、


卑下するということとは別物です。


変化していける可能性に目を向けてみてもいいですよ、というくらいです。