シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

奴隷からの脱却

今の学校教育はどうかわからないが、少なくとも私が学校教育を受けていた20年前後前は、


思考停止して奴隷として言うことを聞く、ロボットを優秀だとする雰囲気がありました。



自分で考えて創意工夫をする人間は、教師からは敬遠され、失敗しないためにどうするか?ということを教えていました。



まあ、大学を卒業してそのまま教師になったという、社会に出たことのない教師がほとんどであったため、ズル賢いやり方、すなわち生き残るやり方、能力というものを、


教えようにも本人たちが知らない、



そんな状況だったように思います。



そうなると、子供たちは親や地域社会、メディアの情報を主にベースとして、


時代時代の価値観、常識を埋め込まれていきます。


そして、それはヤバイかもよ!?


ということを、私自身はここ数年で一気に脱洗脳したような気もしています、いまも継続中です。



人と人は価値観が違って当然でしょう。



すべては情報でしかないでしょう。



メディアによる情報は、それを流すことで有利になる人たちの意図が介在しているでしょう。



などということを、しっかりと自覚した上で、みずから判断を行えるように、ちゃんとずっとお勉強し続けましょう。



そして、自分の身を自分で守れるように、大切な人を守れるように、知識と体力、実践力はとても大切な要素です。


どうやりゃいいの?


となれば、必要な情報を新しく入れるしかありません。


受け入れがたい情報で、拒否反応が出ても、


その負荷を越えて、力を上げていきましょう。


大丈夫。


少なくとも私たちは言葉を覚え、ここまで成長してきたのだから。


20歳とかで成長止まるというのは、ただの幻想ですよ。


ずっと成長の余地があります。


生きている限り。



だから、生きることを選んでください。