シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

背中押しのお手伝い

今日はとても素晴らしい1日でした。


明日もきっと良い1日になるでしょう。


今までと異なる決断ができました。


やめれないでいたことを、やめることができました。


やめると決断して、やめるだけ、


それだけのことなのに、踏み込む瞬間が、身体全体で硬直する。


硬直は、一瞬のことであり、その次の動き出すことも一瞬。


バンジージャンプ飛ぶか飛ばないかの、ギリギリのせめぎ合い(飛んだことはないですが)。


ポンッと、軽く行った。


考える暇はなかった。


心の手綱を握って、吹っ飛ばされないように、腹を据えた。


夢中だった。


理屈はわからん。


何が怖かったのかもわからん。


目の前には何も見えない。


後ろにも見えない。


前だか向く。


前を向くから前に進める。


ひたすらに、淡々と、加速の火を灯し続けよう。


あなたの背中、押します。