シンプルライフ時々晴れ^ ^

周りをよく観て、自分も観えてくる

「決める」ことによる精神の成長

人生は決断した分だけ進む。



そのため、1日に一回決断すれば、しない人よりもその分どんどん進んで変わっていけるという、シンプルなこと。



ここ数日は、決断をする機会が増え、自分自身としてもエネルギーが高まっていることを実感している。




よくある話ではあるが、田舎から都会に出てきて、Uターンして田舎に戻るという決断をし、関係各位にその旨を本日伝えた。



正直なところ、今の現状に留まれば、それなりに日々は過ぎていき、生活はしていける。



そうだとしても、決めて腹を据えて、自身をより厳しい環境に置かなければ、現状に甘えてしまう自分もいるわけだ。



そういった意味で、退路を断つ。



私自身、これで通算2つの会社に勤め、はじめの会社は丸3年、2番目の会社は1年半弱と、10年とか同じところに勤めている人からすれば、もしかするとまだまだ我慢が足りないだとか、いろいろ意見はあるだろう。



それはそれ。



自身の決めたことをやるために、より大変な状況にみずからを追い込んでいくように、覚悟を決めているだけである。



自身の弱音をここに置き捨てるという意味合いで記述するが、



「決断を繰り返すことを当たり前にする」



このことを忘れそうなので繰り返し書く。



環境が変わっても、人間は慣れていく、そうして、楽な方に楽な方に、堕落していく方向になっていく。



それ自体が、先々を見据えたときに、より大変な、後悔の大きい、取り返しのつかないことに繋がることを、肝に銘じるのである。



感情を吐き出して、頭をクリアに、徹底的に追い込む。



まだ本気ではないでしょう、もっとできるよということを、みずからに仕掛け続ける仕組みを構築しては壊し、たくさんの修羅場をこれからくぐっていくわけである。



挑戦と決断、その繰り返し。



失敗しても起き上がれば失敗じゃない。



勇気をくれた今までの人生の出会いに感謝。



大事なことなので繰り返す。



決断するからこそ、動き出せる。



人生は一度きり。



決断したように進む。



自分で決めたことだからこそ、本気になれる、むしろ他人の顔を伺っていたら、本気にはなりようがない。



使命を燃やす。



マインドセットしたら、あとはがむしゃらにである。



毎日の決断、限界を踏みこえることで、精神を成長させていけるという、人間としての機能を存分に活用するのである。



読んでいただきましてありがとうございます。